犬に関する仕事の資格の例と業務内容

犬に関する仕事の資格の例と業務内容

犬に関連する職業の資格は複数存在していて、ドッグシッターやドッグトレーナーなどがそれに該当します。また獣医師のように犬だけではなく他の動物との関わりを持つ可能性があるものもあります。犬と関わりを持った仕事に就きたいと考えている人はチェックしてみる価値があると言えます。

動物看護師及び動物介護士の仕事内容

動物看護師及び動物介護士も犬に関する資格に当てはまっていて、前者は動物における医療を援助する職業だと言われています。動物病院で働くことがあり、受付での仕事や入院中のペットのケアなどが業務として挙げられます。言うまでもなく、犬以外の動物のケアも行うことになっていて、また資格を持っていなくても働くことができます。後者は体の自由が利かなくなった動物の世話をする仕事です。ペットの高齢化が進んでいる状況において、この仕事は必要だということができます。リハビリテーションやトレーニング、薬を投与することなどが具体的な業務内容です。

トリミングに関連した資格も存在する

トリミングサロンという施設があり、これは飼育している動物の毛のカットを行う場所を言います。その施設でペットの毛をカットするスタッフがトリマーであり、その資格も存在しています。またトリマーはペットショップや動物病院などで従事する場合もあるとされています。民間資格なので、絶対に取得しなければならないという訳ではないと考えられますが、取得する方がお得だと言えます。またトリマーの仕事に就かなくても、トリミングが必要な犬を飼っているのであれば費用の節約になるので、取得して損はありません。ましてその犬を多く飼育している場合、トリミング代をたくさん節約することができます。

ドッグトレーナーの業務と資格の取得方法

ドッグトレーナーも資格の種類に含まれていて、ペットとして飼われている犬の訓練などを行う仕事をしています。具体的に言えば、飼い主の指示に背く行動を改善させたり、子犬がきちんとトイレができるようにしたりすることなどがそれに当たります。また飼い主に対して、一緒に生活することができるようにするためのアドバイスをすることも業務に含まれています。資格を取得するための方法には通信講座を利用するという方法などが存在します。通信講座は専門学校がない場合であっても、家にいながら勉強することができるという点で優れています。

まとめ

他にも、犬のエスコートを行うハンドラーやブリーダーなどの職業があり、またその資格も実在しています。もちろん種類によって仕事の内容が違ってきますが、それに関する事柄を知った上で自分に適すると思うものを選ぶことが大切です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

犬など、通信教育でペットに関する資格を取得する
犬に関する資格でも、盲導犬訓練士など職種によって必要なものが変わる
犬の訓練士になるには資格が必要なのか
種類が豊富である犬にかかわる資格
犬に関連する資格を取るために通信教育を利用することのメリット
障害を持つ犬へリハビリを行える資格を持つこと
犬や猫に対する資格に獣医師やトリマー
犬などを取り扱う動物看護師の仕事及び資格の概要
老犬介護士という仕事の資格について
犬の繁殖に携わる資格にはブリーダーの他にも為になるものがある
愛犬などのために取ってみたい整体の資格
ドッグトレーナーになるために大事な事
ドッグトレーナースクールを選ぶポイント
ドッグトレーナーという職業の年収
ドッグトレーナーはどういう仕事をするのか
ドッグトレーナーは将来性がある仕事とは
犬のトレーナーになるにはどうすればいい
ドッグトレーナーを頼んだ時の料金
ドッグトレーナーを目指すのであれば養成の学校に通う
ドッグトレーナー通信講座を比較するときのコツ
ドッグトレーナーになるためのセミナー
ドッグトレーナーに愛犬のしつけをお願いしたい。費用はいくらか。
どんな犬の種類にも対応。ドッグトレーナーの仕事内容と、なるための方法とは
ドッグトレーナーの見習いとして働く
ドッグトレーナーのやりがいとは
ドッグトレーナーの難易度は高いのか
ドッグトレーナーを目指したい。気になる資格と給料とは