ドッグトレーナーの見習いとして働く

ドッグトレーナーの見習いとして働く

記事のイメージ画像

犬のしつけや警察犬の育成等を行うドッグトレーナーという職業に憧れを抱く方が多くいます。そこで今回は、一体どうすればドッグトレーナーになることが出来るのかわからない方に向けて、その方法を紹介していきます。

見習いとして働くことから始める

ドッグトレーナーとして活躍したいと考えた際、まずは必ず見習いとして犬のしつけ方や育成方法等を学ぶことになります。見習いと言っても一般的には寮などに入寮してしつけや育成技術を学んでいくことになるため、その点に注意する必要があります。トレーニング内容としては一般的に犬の基本的な知識からトレーニング技術まで様々なことを学んでいきます。そして最終的には一人前のドッグトレーナーとして活躍することが出来るように指導されます。見習い応募時に必要な資格として、一般的には普通自動車の運転免許が求められる場合が多いので準備しておきましょう。

見習いになる以外の方法はないのか

では、見習いとして働く以外にドッグトレーナーになる方法はないのでしょうか。実はそれ以外にも方法はあります。それは犬の専門学校等で専門的な知識を学び、関連する資格を取得してから家庭犬の訓練所に就職する方法です。確かにこの職業に従事する場合は資格は必要ありません。誰でもなれることが出来る職業ではありますが、資格を取得している方が信頼されます。見習い以外の方法でドッグトレーナーとして活躍したいと考えている方は◇団体が認定している専門学校や通信講座を利用すれば、後々有利になりますので、必ず確認しましょう。

どちらの方法で目指すにしても大切なことは同じ

見習いとして目指す場合にしても、専門の学校等に通い知識を学んでから目指す場合にしても、どちらの方法でも大切なことは同じです。それは犬という人間と同じように命を持ち、そして感情を持った動物を大切に思う心です。見習いとして働く場合、嘱託警察犬指導員等の資格などを取得出来る場合がほとんどです。警察犬は災害時や犯罪発生時など現場の最前線で人間のために活躍してくれる犬たちです。そんな犬を指導することは決して楽なことではありません。しかし、やりがいも人一倍ある職業です。だからこそ、犬を大切に思う心が何よりも必要となる職業です。

まとめ

ドッグトレーナーとして活躍したい、そんな考えをお持ちの方は積極的にチャレンジしてみましょう。資格がなくても目指すことが出来る職業だからこそ、誰でもドッグトレーナーとして活躍することが出来るチャンスがあります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

犬に関する仕事の資格の例と業務内容
犬など、通信教育でペットに関する資格を取得する
犬に関する資格でも、盲導犬訓練士など職種によって必要なものが変わる
犬の訓練士になるには資格が必要なのか
種類が豊富である犬にかかわる資格
犬に関連する資格を取るために通信教育を利用することのメリット
障害を持つ犬へリハビリを行える資格を持つこと
犬や猫に対する資格に獣医師やトリマー
犬などを取り扱う動物看護師の仕事及び資格の概要
老犬介護士という仕事の資格について
犬の繁殖に携わる資格にはブリーダーの他にも為になるものがある
愛犬などのために取ってみたい整体の資格
ドッグトレーナーになるために大事な事
ドッグトレーナースクールを選ぶポイント
ドッグトレーナーという職業の年収
ドッグトレーナーはどういう仕事をするのか
ドッグトレーナーは将来性がある仕事とは
犬のトレーナーになるにはどうすればいい
ドッグトレーナーを頼んだ時の料金
ドッグトレーナーを目指すのであれば養成の学校に通う
ドッグトレーナー通信講座を比較するときのコツ
ドッグトレーナーになるためのセミナー
ドッグトレーナーに愛犬のしつけをお願いしたい。費用はいくらか。
どんな犬の種類にも対応。ドッグトレーナーの仕事内容と、なるための方法とは
ドッグトレーナーのやりがいとは
ドッグトレーナーの難易度は高いのか
ドッグトレーナーを目指したい。気になる資格と給料とは